更年期に積極的に摂取したい成分・栄養素

更年期に積極的に摂取したい成分・栄養素

どういった成分を積極的に摂取すればいいのか??更年期に有用とされる成分を見ていきたいと思います。

 

大豆イソフラボン

更年期に積極的に摂取したい成分・栄養素更年期障害は、閉経によってエストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンの分泌が急激に減ることによって起こる症状のことをいいます。

 

大豆イソフラボンはこのエストロゲンに似た働きをし、女性の美しさや若々しさを手助けしてくれます。大豆イソフラボンを多くとっている人は、更年期障害の1つであるホットフラッシュが見られにくいという報告もあります。

 

大豆製品である豆腐や豆乳、味噌に多く含まれていますし、サプリメントも数多くの種類がみられます。

 

プラセンタ

更年期に積極的に摂取したい成分・栄養素プラセンタは更年期障害に最も効果のあるサプリメントとして有名です。プラセンタとは胎盤のことです。

 

以前多かった牛プラセンタは狂牛病の感染防止のため中止となり、今の主流はヒトプラセンタ注射、豚プラセンタ、牛プラセンタです。

 

更年期障害に有効と言われているのはプラセンタに含まれる成長因子などの働きによって体の機能が調整されることで症状が緩和されます。美白などの美容にも多く使われています。

 

 

ポリフェノール

更年期に積極的に摂取したい成分・栄養素ポリフェノールはほとんどの植物に含まれる抗酸化作用のある成分。ブドウやカカオ、ブルーベリーやブルベリーなどの渋み成分に多く含まれ、イソフラボンと同様にエストロゲンに似た作用があります。

 

ポリフェノールの抗酸化作用は、活性酸素を除去する作用があり、病気に対抗する力やアンチエイジング効果が期待されています。水に溶けやすい成分なので摂取後は比較的短時間で抗酸化作用を発揮する反面、長期間の効果が持続できないため、継続的に摂取することが望ましいです。

 

ザクロ

更年期に積極的に摂取したい成分・栄養素ザクロは「女性の果実」と言われ、イラン、エジプト、インドでは薬用・食用として、ヨーロッパでは調味料として使われています。

 

ザクロの一番の特徴は、女性ホルモン「エストロゲン」が含まれているので更年期障害を改善する効果が期待できます。そのほか、女性の薄毛を改善するなどのアンチエイジング効果が期待できます。

 

大豆イソブラボンやポリフェノール、ザクロは食品や、加工食品からも摂取できるので、意識して取りたいですね。効果が高いプラセンタはサプリメントが数多く出ているので自分にあったものを見つけましょう。

 

エクオール

更年期に積極的に摂取したい成分・栄養素エクオールはエクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌によって作られる成分で、女性ホルモンエストロゲンと似た働きをする成分です。

 

大豆イソフラボンは腸から吸収されるときに、大豆イソフラボンそのまま吸収される女性と、エクオールという成分で吸収される女性がいます。

 

体内でエクオールを作ることができる女性は日本人で50%ほど。エクオール産生菌が働いている女性は大豆イソフラボンを摂取することでエクオールを吸収できますが、それ以外の女性はサプリメントで摂る必要があります。

 

更年期サプリメントの選び方

更年期のトラブル緩和に役立つサプリも含まれている成分により効果に若干の差があります。

 

一口に更年期サプリメントといっても、更年期障害の症状は人それぞれなので、自分がサプリメントに何を求めるかを明確にしておかないと、効果がイマイチという可能性もあります。

 

更年期障害の症状は実にさまざまです。今現れている症状はさまざまだと思いますが、一番不快な症状は何なのか、一番改善したい症状を考えてみましょう。

 

眠れない、寝つけないという悩みには、サプリメント以外にもハーブティーやアロマも有効です。人それぞれ症状が違い、悩みも多種多様なので、その特定の症状に直接アプローチしてくれるサプリメントを選ぶことがポイントです。

 

更年期の女性に絶大な支持を受ける白井田七

白井田七


更年期障害で悩む多くの方が選んでいる更年期サプリで、愛用されているかたの満足度は約9割と驚異的です。口コミで喜びの声がもっとも多いのも白井田七です。

 

田七人参に含まれるサポニンは、高麗人参の7倍以上も含まれており、このサポニンは、めぐりの循環を改善し、ドロドロを取り除き、ホルモンの調節をする働きがあるとされています。

 

血流をサラサラにする過程で出てきた老廃物やゴミなどを洗い流してもくれ、血行が促進され血流がよくなるので冷え症が改善され冷えが原因でおこる腰痛や肩こり・頭痛や倦怠感、疲れやすさなどの更年期の症状が緩和されというわけです。

 

このような症状がある人は、この白井田七に含まれるサポニンがとても効果的と言えます。

 

和漢のきもち

思春期から更年期まで親子3代の婦人薬「和漢のきもち」

 

体の芯から血行を促して冷えを改善し、更年期特有の諸症状を改善します。

 

更年期障害特有の、のぼせ、血の道症、冷え性などに効果的な更年期サプリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

辛い更年期を乗り切るために

更年期障害のツラさは、経験した人でないと分かりません。体のけだるさはずっと感じているので、そこに精神的な不安や心配が加わると、本当に生きているのが苦しくなることもあります。40代後半から50代前半は、子どもが自立するとき。

 

今まで自分の助けを必要としていた子どもが、どんどん離れていく感覚になって、寂しい気持ちがします。子育ての難しさも更年期障害に拍車を掛ける一因になります。思春期によくある反抗も、順調に子どもが育っていってる証拠なのに、それすらストレスに感じてしまう更年期障害。物事が全て自分の意図と反しているように感じることもあります。

 

一番難しいのは、精神面と体の調子のバランスです。更年期障害の症状は病院の薬よりもサプリメントやスポーツなど、気持ちの持ちようでかなり軽減することができます。

page top